ミズノのベルグテック

ミズノのベルグテックEX・ストームセイバービデオテープレインスーツは、ミズノが独自に開発したベルグテックという防水透湿品質を採用したゴアテックスに代わる超撥水レインウェアだ。

ベルグテックEXの撥水レインスーツは、おっきい耐水圧と透湿性を発揮し、100回洗濯下部も撥水性が持続すると言われています。

これは、目新しい撥水処方箋で糸の1本1本まで均一に撥水性が染み渡るような細い製造を施しているためで、大雨が衣装についても水玉になって生地外層を飛び跳ね、飛び散って仕舞うような手強い撥水製造だ。

ベルグテックEXは透湿性が約16,000g/m2/24hあり、登山中頃も衣装以下の湿気を発散し、ムレを最小限に抑えてもらえる。

またレインウェアのユーザビリティも創意がこらされてあり、大雨の参戦を防ぐ結果上着のファスナー部といった財布口に大雨返しといったフラップが取り付けられていたり、ムレを治めるためのベンチレーションポケットを採用していらっしゃる。

このように品質やユーザビリティもさることながら、軽量コンパクトな約545g(女性M容積)で、15,660(税込)は驚きの額面だ。

ハイテクレインウェアといえばゴアテックスによる一品が有名ですが、通常3万円からの支払をマインドしなくてはなりません。

ベルグテックEX・ストームセイバービデオテープレインスーツの能率はかなりのもので、山登りの新人対象リクエストバージョンとしては満足と思います。

山中は標高が高くなるほど天候が変わり易いものです。
また温度も小さく、風が強い結果、感覚気温が平地に比べ大変低くなります。
そのため登山をする時は、どんなに大雨やスノーに見舞われても体躯が濡れず、特有もやわらげてもらえる雨具が肝要となります。

雨具といっても色々な系統があって、山中で使える雨具としては、一般的には折りたたみ傘、ポンチョ、レインコート、レインスーツなどがあります。

折りたたみ傘は、風が強い山中では下手だ。
また傘では視野が小さくなるので危険です。

足もとまでは覆われてないポンチョも下半身が濡れてしまう結果、本格的な登山では下手といえます。

レインコートは、小気味よい小雨や少々の大雨なら大丈夫ですが、ポンチョと同様、下半身の濡れが心配です。

それらにおいてレインスーツの場合は、変動で上着ってブリーフに分かれた雨具な結果、動きながらの大雨戦術には非常に優れていると言えます。
ゴアテックスに代表されるような防水透湿品質のものは価格もそれなりにしますが、大雨の太陽に着ているって、金額以上に仕事をして受け取るうまい商品だと納得すること間違いありません。

また、少量の大雨の時などに案外役に立つのが、防水製造されたレインハットだ。
レインジャケットの食材によって衣裳以下の蒸れを抑えてくれ、より快適に過ごせると思います。

最近のレインウェアは非常に何気なく作られてあり、コンパクトに保存こなせるものが多いので、登山の際は絶えず携行するようにしましょう。メディアハーツの真相に迫る!社長ってどんな人?ファビウスの真実